中神通服装有限公司

 

会社紹介

会社概要

中神通服装有限公司は、香港世宏国際有限公司が1200万ドルを出資して、1997年に設立しました。主な業務は様々なアパレルのデザイン、生産、加工又は輸出を行う企業です。
 
会社は、中国のファン・ニットの基地-浙江省桐郷市。滬杭高速道路中段の経済発達の長江デルタの中心にあり、上海、杭州、蘇州の交通接続点で、交通便利な地理位置が優越。
そして、「絹の府」―浙江シルク資源と全国最大の紡績ニッティング産業基地の利点より、約20年を経て、すでに打ち立てた原料、生産技術など服装生産の要素を備えて、かなりの経済力や、アパレル輸出業務にも結構強力があるということです。現在、工場内の設備が  台があり、従業員が700人以上で、年生産量は100万件以上、年間売上高は一億にも超えました。国内外にも分野を配置し、商品はヨーロッパ、アメリカ、日本など10カ国以上輸出し、国内外の市場名声を獲得されました。
 
又、市場ニーズに応じて、会社は「製品品質を企業生命と目指して、お客様に心がけサービス及び満たせる製品を提供することを宗旨にする」という経営理念によって、実業に基き、アパレルを主に、貿易をガイドとして、高新技術と先進適切技術の研究より、研究・生産・貿易に合わせる道を会社の戦略で、ISO9000マネジメントシステム要求事項に基づいて、企業の科学化、標準化管理を強化して、会社の革新能力と競争力を継続的に向上していく。
 
中神通は未来の発展よりは、継続的に先進技術装置を基本として、国際市場を導き、新プロセス、新製品をもっと開発し、シェアを高めいて、国内外のお客様と協力しながら、未来を創る。